仙台写真月間2019 TALK

Natsumi x Month of Photography Sendai 

TALKS with Miho ODAKA / 小髙美穂 x 山田なつみ 対談

今回、山田なつみが発表した新作「In The Middle of Nowhere」は立体写真(ステレオグラフ)で構成され、いずれも手のひらに収まるほどの大きさ。現代アートの領域に写真が加わるようになってから、写真展では大きい作品を良しとする“風”が今の時代に吹いている。しかし、大きな作品こそが優れているのだろうか?


掌に収まるほど小さい手札版の写真は大判の写真よりも身体との距離が近く、愛おしさが増す。時間が生み出す写真の「発酵」が親密度を増幅する。SNSの台頭により公共性やシェアされる写真とは違い、一人で密かに見つめることにより、時間による写真の「発酵」は進んでいくのではないか。

📍IN THE MIDDLE OF NOWHERE, 仙台写真月間

📆 October 19, 2019 / 2019年10日19日(土)

View of Natsumi SUZUKI-YAMADA’s talk session with Ms.Miho ODAKA (photo curator) at MPS at Café Dao Tao, 2019. Photographer: Fumie OHTA.