悲愴 | IN MY SOLITUDE

 

 

 

 

朝4時半に目が覚めて4時半に目が覚めた。
今日は霧があるか気になって外に出る。Apple Watchとカメラとヘッドフォンをお供にして、

霧の中に飛び込んだ。
そもそもが霧のような存在であるわたし。

チャイコフスキー
物の哀れ

交響曲 第4番 へ短調 作品36 II- Andantino in mode di canzona (10:17)
クルト・ザンデルリンク指揮/ベルリン交響楽団

 

 

Querelle entre époux sans importance,

Évadant au seuil de la nuit

S’éloignée de sa présence

Se retrouvée dans le brouillard

 

 

 

母であり、ママであり、妻であり、
存在が実態の掴めないわたしという存在。
それがフェミニティというものなのだろうか?..

 

コメントは受け付けていません。